MIMIより話

MIMIより話(みみよりばなし) … アンサンブルMIMIからのつれづれ話です。

「耳よりな話」かどうかは??ですが、練習のエピソードなど、折々にお話ししています。

アンサンブルMIMIって楽しそう…!と思っていただける一助となれば幸いです。

なお、内容はHP担当者の主観を通した表現であり、文責はすべて担当者にあります。


演奏はドライブ

演奏は車の運転に似ている、と聞きました。
そういえば、楽譜は線の引かれた「道」に沿って進み、道には表示(♪=60とか、アクセントなどの記号)があり、走行ライン(音程)を外さないようにするのが大事です。さらに、途中には停止線(休符)や進路変更(パートの変更など)があり、曲がり角(間奏やページの切れ目)では、その先がどうなるか注意することが大事です。
なるほどねえ~。
さて、久しぶりに南が丘公民館での練習です。以前にもご紹介した、「十字路」(詞:覚 和歌子/曲:信長貴富)の練習をしました。
この歌は、二人(少年と少女?)の歩む道が交差した十字路で、出会って心を通わせる、鮮やかな、切ないような一瞬を描写した歌です。速いテンポの3拍子で軽快に流れるように曲は進みます。
二人が出会う瞬間の歌詞

わたしの来た道と あなたの来た道が
交差した十字路のまんなかに

空気が張り詰める大事なところですが、この「交差した十字路」のタイミングが難しい。

続きを読む

今年の抱負と、もう1つは…

新年は南が丘公民館でスタートしました。風は冷たく、写真のように緋寒桜がほころぶまで、もう少し待ちそうです。
3週間ぶりの練習です。お正月と共に、少しナマっていたかな…?先生はいつもにも増して丹念に、それゆえ厳しさも交えつつ、指導をしてくださいました。
これからはまた週1回ペースでの練習です。がんばろう!

練習の後に、公民館の和室で新年会をもちました。
幹事さんの工夫とありがたい差し入れで、お弁当とお茶、手作りのお菓子やお漬物までがテーブルを賑わせました。ご馳走さまです。
ひとしきり食べて落ち着いたころ、順番に1人ずつ話をします。今回のテーマは「新年の抱負」そして「お酒はどのくらい飲めるか」!
お酒に強い順の番付を作ろう…なんて、雑談の成り行きで突然の話題振りです。さてどうなることか…?

続きを読む

MIMIのゆく年くる年

パンダ 赤ちゃん

年の瀬のせわしさの中、かわいいパンダのニュースには思わずにっこりしました。♪薄紅色の可愛い君…と、つい「ハナミズキ」の歌を口ずさみたくなります。

今年最後の練習は渋沢公民館。すっきりと晴天なのにとても寒い日でした。

練習前の体操は、この時期ならではの「大掃除シリーズ」!

いつものように、体操係さんが呼びかけます。

 係「大掃除はお済みですか~?腕を伸ばして天井のお掃除をしましょう~」

…と、お手本で右腕を真上に伸ばして、脇をストレッチしながら、雑巾がけのように手をゆらゆら。

 皆(真似をして脇のストレッチ)

 係「あと10cm遠くも拭いてくださいね~」

 皆(さらに脇がグーッと伸びる)

これを右と左とやって、さらに「壁のお掃除」で体幹を左右にひねったり、「床のお掃除」で前に屈んで手を遠くへ伸ばしたり…うーん。結構キツイです。

でもこれで、天井も床もピカピカ!(のつもり)になって、練習が始まります。

さて「MIMIより話」も今年の最終回となりまして…

続きを読む

パートタイムのパート割り

前回では鶴巻公民館の赤いとんがり屋根を紹介したところ、メンバーの中から「知らなかった」の声が聞かれました。何度も練習に来ているのに??
高台に建っているので、地階の駐車場から建物内に入ると、あのとんがり屋根を見られないのです。
思いがけないところで、車の盲点(?)が分かったのでした。たまには歩いて行ってみるのも良いですよ~

さて今週は渋沢公民館です。渋沢駅から坂道を登って15分の、閑静なところです。
最近の練習曲から「こころの地図」を中心に練習しました。ご存知の方も多いと思いますが、女声合唱ではソプラノ・メゾソプラノ・アルトの3パートに分かれて、基本的には「自分のパート」を楽譜に沿って歌います。でも…

続きを読む

歌を着こなしてみよう

赤いとんがり屋根がかわいい鶴巻公民館で、お昼過ぎから練習の日です。
電車の少ない時間帯なので、道々で何人かのメンバーと一緒になって、カシの実がいっぱい落ちている秋の通りを楽しく歩きました。
鶴巻公民館の音楽室は、天井がアーチ形に高くなっていて、音がよく響きます。先生は「小さな教会みたいね」と仰いました。
いつもの体操は、お昼の後なのでちょっと軽めに、波のように風のように体をおおらかに伸ばす動きをしました。

 

最近の練習曲は別のページでご紹介した3曲に加えて、「」という曲(詩:新川和江 曲:木下牧子)の音取りを少しずつしています。アカペラの美しい曲です。
楽譜では1ページ半と短いのですが、復習するたびに細やかな指導が入って、なかなか終わりまでたどりつきません。こりゃ大変だ!

でも…

続きを読む