うどんを1本ずつ

夜の冷え込みのせいか、喉が痛くなって、先週は練習を休んでしまいました。
寒い季節は、風邪や乾燥に要注意…と、以前のブログにも書いたっけ。気温がコロコロ変わる今の時期も油断なりません。

今日は本町公民館で午後からの練習。晴天のぽかぽか陽気で、歩くと汗ばむほどでした。
音楽室に行くと、同じパートの「MIMI友」も、それから先生も「もう治りましたか?」と優しい声をかけてくださいました…うれしい。(涙)
いつもの体操をして、発声練習をしているうちに、身体と気持ちが歌う楽しさを思い出してきました。

 

練習は引き続き「リトル・ジャズ・ミサ」。

歌う時の発音について、先生からたびたびの注意。

母音の「ア」や「エ」 は口を開け過ぎずに大人っぽく。

「ウ」は日本語のウと違ってもっと奥の深い音…「オ」に近いと思ってね。


…そういえば思い出した、以前の寒い季節のエピソード。

 

寒さ厳しい暮れの時期、我らが団長も胃腸炎にやられてしまって、練習をお休みしました。
ソプラノパート、いや全体の雰囲気までもが、柱が欠けたようで何だかさみしいのです。練習の後で「お大事に」のメールを送りました。

公民館に今年もタバコの花が咲いていました
公民館に今年もタバコの花が咲いていました

 

夕方に返事がきました。
「回復に向かい、うどんを1本ずつ食べながら、持ち直しています」
こ、これはなんと…!

先生が発音の指導で仰ったことがあるのです。
「ウ」の発声は、口の中を広く開けて、おうどんを1本ずつ吸うような口の形でね!
さすがは団長、病気で欠席しても、発声の口の形を練習中!?(拍手)
…いや、そういう訳ではなく、本当に胃腸炎は大変だったそうです。治って良かった~


皆が元気で、これからの時期を乗り越えられますように!時には温かいおうどんでも食べて。