桜と巡り合い

先週と同じく、南が丘公民館で練習です。
ソメイヨシノが満開で、景色の美しいこと!!散策を楽しむ人や、写真を撮る人の姿があちこち見られました。
練習から帰る道で訪ね歩いた桜の風景をご披露いたしたく、珍しくも2週連続の「MIMIより話」更新となりました。

まずは南が丘公民館のそばの陸橋。手で触れるほど間近なソメイヨシノと、橋から見下ろす桜並木に包まれるような、絶好の写真スポットです。ここからスタートして道を下って行きます。そして↓

 

じきに行き当たるのが県道62号線、またの名を「はだの桜みち」。車だと見物渋滞もなかなかですが、この時期にぜひ通ってみたいところです。そして↓

 

さらに駅の方へと向かう途中に、思いがけなく枝垂桜の並ぶ小径を見つけました。
今泉台の調整池緑地です。ソメイヨシノより濃い紅色で彩りがあります。そして↓

おしまいは、秦野駅に近い、今泉名水桜公園。
池に水鳥が遊ぶ静かな公園です。MIMIの先輩が「好きな場所」と、教えてくださった所です。


…こんな感じで、春の陽気とたくさんの桜を堪能できた1日でした。素敵でしょう!

今日の練習の合間に先生は、桜をうたった一編の詩にまつわる思い出話を聞かせてくださいました。
桜の季節の思い出は、誰もが持っているのではないでしょうか。出会いと別れの季節ですから、感慨も一層深くなるのかもしれません。

それぞれの思いで桜を見てきた私達が、MIMIに巡り合い、今年の桜の季節には一緒に歌っています。不思議ですね。