一緒にお茶を

7月30日・秦野市合唱祭に向け、「一緒に歌いましょう」の体験入団募集に応じて、5名もの方が来てくださいました!
毎回、練習も本当に生き生きとしています。♪♪♪
早いもので、もう5回目。全9回の半ばを過ぎました。
この機会に出会えた皆さんと親睦を深めたいね…と今日は、南が丘公民館で練習の後に、小さな茶話会をもちました。

 

「市販のお茶とシュークリームでね。」と、ごくシンプルな企画でしたが、当日には差し入れも加わって思いのほか豊かなおやつが、カラフルな紙ナプキンの上に並びました。
(どうもありがとうございました!)

会では1人ずつ、自己紹介を兼ねて皆さんにお話をしました。これもまた、おやつに負けず劣らず、色とりどりで個性豊かなのです。
 合唱を始めた運命的な!?きっかけ
  歌を通じた思いがけない出会い
   先生のキビシ~イご指導の思い出
    オペラ「水戸黄門」でデュエットしました!  …などなどなど。
笑いと拍手がたくさんの1時間でした。
現在のメンバーにとっても、普段は見えない1人1人の横顔が見えて、楽しいひとときでした。
話の端々にちらりと見えるのは、誰しもそれぞれに忙しい日常を抱えていること。週1回の合唱を続けていくというのは、実はとても大変なことなんだ…と思います。
それでも、いろいろな機会ややりくりが重なって、同じ歌を歌い、お茶を飲みながらお話しできたこの時間があったことを、書き留めておきたい今回の「たま日記」です。
秦野市合唱祭まで、あと1月半。

ゴールまで、「一緒に」の皆様と、先生方と、MIMIと、楽しく歩いて行けますように。