さようなら はじめまして

4月16日の演奏会は、多くのお客様にお越しいただき、また沢山の方々に支えられました。
ありがとうございました。


今日は練習はお休み。来週以降は反省会などもあります(ドキドキ)。
それはさておきまして。

今回のタイトル「さようなら はじめまして」は、鍋島幹夫さんの詩集の題名です。
鍋島幹夫さんは、この演奏会で歌った中の2曲、「カモメ下さい」「からりと晴れて」の詩を作られた方です。どちらの詩もわかりやすい言葉でなじみ易く、ちょっと悲しみがあり、何だか心惹かれます。

 

どのような方なのか、情報を探してみると…

 

 

鍋島 幹夫(なべしま みきお)
1947年、福岡県生まれ。小学校の校長などを経て、梅光学院大学子ども学部教授。2011年7月に逝去。
1999年に「七月の鏡」で第49回H氏賞受賞(日本現代詩人会が主催し、優れた現代詩集に贈られる賞)
詩集には、「三月」「さようなら はじめまして」

作詩による曲集には、「五つのポップソング」「六つの小唄」(いずれも作曲は新実徳英先生)

さようなら はじめまして」は、ひらがなの詩と猫のイラストで綴られた、すてきな絵本です。(詩:鍋島幹夫 絵:米田民穂 新書館 1999年)
タイトルの一節を含む作品は、「まどのまえで」という詩です。
・・・
「まどのまえで」

さようなら と はじめまして が
わたしの あいさつ
さようなら
ゆうやけのくもが のぞいても
むこうむきの
きのうの わたし

はじめまして みなさま
はじめまして
はっぱいろの ふくをきた
きょうのわたしは
ひまわりです

 

・・・
とってもチャーミングですね!

MIMIは、演奏会の終わりに「さようなら」を歌い、また新しく「はじめまして」の歌へと向かっています。
7月の秦野市合唱祭に向けて、体験入団募集中! どうぞチェックしてみてくださいね。