喉にやさしく

冬至を過ぎて、これから冬も本番です。
乾燥や冷え、風邪やインフルエンザ、… 練習の「敵」がいっぱい!

今日の練習前に「喉の守り方」が話題に上りました。
大切なのは、保温・保湿、そして痛めてしまったら安静にすること、のようです。
調子が悪くて練習を見学しているだけでも、声帯は知らず知らず動いてしまうので、アメをなめると良いと、先生が教えてくださいました。

また、蒸気が出る吸入器も、喉を守るのに良いそうです。
ところが…

使用経験者によると、専門家のアドバイスにもいろいろあるらしいことがわかりました。
「水道水ではダメ。精製水を使うように」とか、

「精製水は使わないように」とか… はてさて???


その人の体質や状態によって、最適な方法がちょっとずつ違うのかもしれません。
でも「保温・保湿・安静」の基本は同じなので、気を付けたいところです。

今年の練習も最後となりました。
この1年、お世話になった方々に感謝いたします。
皆様がお元気で、よいお年をお迎えになりますように。